カンジダ亀頭包皮炎

カンジダ亀頭包皮炎を自宅で治すために大切なこと

 

カンジダ亀頭包皮炎とは亀頭部分と包皮部分にカンジダ菌が繁殖し発症します。症状としてはかゆみや赤みなどが挙げられ、さらに白い垢のようなカスが性器に付着するようになります。

 

このような症状が現れたら泌尿器科や性病科に受診する事が必要ですが、忙しくて受信する事ができなかったり、病院へ受診している事を家族に知られたくない場合、病院に受診することに抵抗がある方は自宅で検査をし治療することも可能です。検査は郵送検査といい自宅で検査物を採取し検査機関へ送ることでインターネットで検査結果を確認する事ができます。

 

その結果、カンジダ性亀頭包皮炎だと判明したら通販でカンジダ菌に有効な抗真菌剤を購入すれば治療をする事ができます。

 

抗真菌剤で治療をすると同時に日常生活を改善する事も必要です。入浴の際は過度な洗浄をしてはいけません。石鹸で洗浄しすぎてしまうとカンジダ菌の勢力を抑えている常在菌を殺菌することになりカンジダ菌が異常増殖し、症状が悪化します。また、規則正しい生活や栄養のある食事、適度な運動などをして免疫力を高める事も必要です。免疫力が低下していると薬で治療しても効果がでないこともあります。そのため、薬での治療と併せて免疫力を高める事が必要となります。

 

 

 

再発予防の知識!亀頭包皮炎の原因

 

亀頭包皮炎は子供がなりやすいといわれていますが、大人でもなることがあるペニスの病気です。特に大人が発症した場合は、再発を頻繁に繰り返すといったことが多く、なかなか治らない状態が続くということも考えられます。そこで、もし亀頭包皮炎になったら、病気の治療をすることは重要ですが、それとともに再発を予防していくということが大事になってきます。再発予防をしていくには、まず亀頭包皮炎の原因を理解しておく必要があります。亀頭包皮炎の原因として考えられているのは、細菌やカンジダと呼ばれる菌が原因として考えられており、特に大人の場合は、カンジダによる発症が多いといわれています。ですから、これらの菌の感染しないということが亀頭包皮炎の再発予防になるということがいえます。菌の感染を防ぐためには、まずはしっかりとペニスを清潔にするということが大事になってきます。特に包茎の人は、亀頭が包皮に覆われていて、亀頭部分にカスがたまったり、汚くなりやすいので、意識して清潔にする必要があります。次に、性行為や自慰行為を行う場合は、ペニスの表面に傷ができないようにするということが大事になってきます。ペニスの表面に傷がついてしまうと、そこから菌に感染して発症するケースがあるからです。

 

 

カンジダ性亀頭包皮炎を疑うシチュエーション

 

カンジダ性亀頭包皮炎は性行為によって感染することのある病気です。そのため、性病として位置づけられています。カンジダ性亀頭包皮炎は性行為をしなくとも発症することもあります。抗生物質やステロイドを使用した場合、免疫力が低下した時、性器を過剰に洗った場合等にカンジダ菌が異常繁殖し発症する事があります。カンジダ性亀頭包皮炎を疑うシチュエーションとして性行為の後や自慰行為のあとが挙げられます。性行為や自慰をして数日後に性器に異変やかゆみなどが現われた場合は性病を疑いましょう。性行為をした事のない男性でも発症する可能性があるので性器にかゆみなどの炎症が起きたり白い垢のようなカスが付着するようになったらカンジダ性亀頭包皮炎を発症している可能性があるため専門の医療機関へ受診する事が必要となります。男性が性病に発症したと疑われる場合は、泌尿器科もしくは性病科で検査を受ける事ができます。また、病院だけでなく地域の保健所などでも検査を受ける事ができます。保健所の場合は無料で検査を受ける事ができ、病気に感染していると判明した場合は専門の医療機関を紹介してくれるので病気に感染したかもと不安に感じている方は利用してみることをおすすめします。

カンジダ亀頭包皮炎を自宅で治すために大切なこと記事一覧

亀頭包皮炎の自然回復について亀頭包皮炎は男性の性器の先端部分の亀頭から、亀頭を包んでいる包皮が炎症を起こす病気で、男性の性器にできた小さな傷などに細菌やカビなどが侵入することで発症します。亀頭包皮炎は男性であればだれでも発症する可能性がある病気です。発症原因としてはセックスやオーラルセックス、過度の自慰行為、入浴の際などでの性器の洗いすぎ、触りすぎ、蒸れ、不衛生などがあげられます。セックスやオーラ...

亀頭包皮炎の薬の種類亀頭包皮炎には2つの種類がありますので、それによって使う薬も変わってきます。原因としては細菌性とカビの一種であるカンジダ性になりますので、それに対抗するものを用いることになるでしょう。細菌性のものは、抗生物質、カンジダ性のものは抗真菌剤を用いることになります。炎症の具合を見て、ステロイド剤が含有されている治療薬を用いることになるでしょう。また細菌性の場合、炎症が酷いようであれば...

亀頭包皮炎になったら泌尿器科に駆け込もう亀頭包皮炎は子供が小さかった頃に何度か経験しています。外遊びで泥などで汚れた手でトイレを使ったことが原因だったようです。当時まだ幼稚園の年少さんで、帰宅してからなんだか様子がおかしくてトイレからなかなか出てこなかったこと、そしてお風呂に入った時に性器の先端が真っ赤になっていて、本人が泣き始めたので(相当痛かったようです)、慌てて看護師の友人に電話をして対処を...

亀頭包皮炎が再発してしまったら亀頭包皮炎は、子供の場合は細菌から、大人の場合は、カンジタ菌が原因で炎症を起こします。症状として、亀頭部分に、白い垢がみられるようになります。人によっては、カサカサと薄皮が出来たりします。また、赤く腫れあがり、軽い痛みがあったり、尿をする時にしみたりします。亀頭包皮炎が再発する原因の一つに、完治していない段階で、処方された薬の使用を継続しなかったことです。薬により、症...

軽度でも油断しないで!亀頭包皮炎軽度の亀頭包皮炎だからすぐに治るだろう、そう思われて病院へ行かず自然治癒で治そうとされている男性の方はとても多いです。しかし自然治癒では完全に病気を完治させる事は難しく、包茎の方の場合はすぐに症状が悪化してしまいます。また自然治癒では菌を死滅させている訳ではありませんので免疫力が落ちた時などに再び症状が出てしまう可能性が高いです。亀頭包皮炎は軽度の症状であれば痛みや...

亀頭包皮炎と包皮の炎症亀頭包皮炎というのは子供から大人まで発症する可能性のある病気です。この亀頭包皮炎を発症すると包皮や亀頭が炎症を起こしてしまい、赤く腫れ上がります。粘膜や皮膚の細菌による感染が原因となっているのですが、包茎の男性に最も多く発症している病気になります。包茎の場合には包皮の内側部分に恥垢と呼ばれる垢がたまりやすくなります。垢が溜まってしまうと、不衛生な状態になります。さらに亀頭に傷...

亀頭包皮炎は治るのか?亀頭包皮炎の症状に悩まれている男性の方はとても多いです。特に包茎の男性は亀頭が包皮に包まれているので不衛生な状態になりやすく炎症を起こしやすいです。また知らず知らずに亀頭包皮炎を発症しているケースも多く、一時的に症状が落ち着いてもまた再発してしまう方も少なくありません。慢性的に亀頭包皮炎を発症されている方の場合、治療を諦めている方も多いですが亀頭包皮炎は適切な治療をおこなえば...

亀頭包皮炎に効果のある塗り薬亀頭包皮炎と言うのは、男性の大事な部分であるペニスに菌が感染してしまう事により、起こってしまう症状の事を言います。基本的にペニスを不潔にしてしまう子供に多く見られる症状ですが、性行為の最中や下着のこすれ、洗いすぎ等によって小さな傷が出来て、大人も発症してしまう事もあるのです。そんな亀頭包皮炎は、大きく分けて二つに分類する事が出来ます。まずは雑菌が原因によるものであり、赤...

利用率の向上が著しいファンガソープEXの魅力海外でも絶大な支持を集めているファンガソープEXは、100%天然成分で構成されています。しかも、敏感肌でも利用することができるようになっているので、誰でも安心して利用できるのがメリットです。ティーツリーオイルの力は、水虫などの原因を殺菌してくれます。他にもウイルス性の原因を断ってくれるので、肌を正常な状態に戻すためには大きな効果が与えてくれるでしょう。痒...