亀頭包皮炎は治るのか?

 

亀頭包皮炎の症状に悩まれている男性の方はとても多いです。
特に包茎の男性は亀頭が包皮に包まれているので不衛生な状態になりやすく炎症を起こしやすいです。
また知らず知らずに亀頭包皮炎を発症しているケースも多く、一時的に症状が落ち着いてもまた再発してしまう方も少なくありません。
慢性的に亀頭包皮炎を発症されている方の場合、治療を諦めている方も多いですが亀頭包皮炎は適切な治療をおこなえば必ず完治する病気です。
治療を続けているけど全く症状が良くならないという方や、治療の途中で通院を止めようと思われている方は根気よく治療を続ける事をおすすめします。
男性器はとてもデリケートな部分なので根気よく治療を続けなければ病気を完治させる事は難しいです。
特に夏場などの陰部が蒸れやすい環境になってしまうシーズンは他の時期に比べて治療に時間がかかってしまいます。
陰部が蒸れてしまうと陰部の衛生面が悪くなってしまい雑菌やカビなどの繁殖を手助けしてしまうからです。
ですので治療中は汗を大量にかいたらできるだけ早くシャワーなどを浴び、下着を着替える事をおすすめします。
肌に密着するような下着は陰部を蒸れやすくしてしまうので、トランクスなどの通気性の良い下着を穿くように心がけましょう。
また処方された抗生物質や抗真菌薬などが含まれているクリームは必ず使い切るようにしましょう。
根気よく治療を続けていれば必ず治る病気です。

 

 

亀頭包皮炎の治し方

 

亀頭包皮炎は、カンジダなどのカビ、大腸菌などの雑菌が亀頭や包皮に感染し、赤みやただれ、かゆみなどの炎症を起こす病気です。
男性の亀頭包皮炎の原因のほとんどはカンジダ菌が原因であることが多いですが、女性との性行為でうつる場合があります。

 

治し方としては様々あります。

 

まず一番安心なのは、病院に行って正しい治療を受けることです。

 

症状によって治療法は変わりますが、痛みや腫れ、炎症が強い場合などは、抗生物質を服用したり、抗生物質入りの軟膏を処方されるでしょう。
赤みやかゆみで悩んでいる方には、かゆみを抑えるステイロイドが配合された軟膏が出されたり、症状をいくつも抱えている方の場合では抗生物質の服用も合わせて治療することもあります。

 

亀頭包皮炎の場所はとてもデリケートな部分にできます。
病院で、そうなった原因やパートナーとの性生活などのプライベートなことも聞かれるケースがありますので、症状はあるけど、病院に行くのは気が引けると思う男性も少なくないでしょう。

 

現在は通販などで、亀頭包皮炎に有効な軟膏なども売っています。
もし、ご自身の症状に合っている軟膏であれば、使用してみるのも一つの手段かもしれません。

 

しかし、その治し方が間違っていたり、非常に重症化している場合は、市販の薬では治せないこともあります。
そういう場合はやはり一刻も早く病院に行かれることをおすすめいたします。