亀頭包皮炎に効果のある塗り薬

 

亀頭包皮炎と言うのは、男性の大事な部分であるペニスに菌が感染してしまう事により、起こってしまう症状の事を言います。基本的にペニスを不潔にしてしまう子供に多く見られる症状ですが、性行為の最中や下着のこすれ、洗いすぎ等によって小さな傷が出来て、大人も発症してしまう事もあるのです。
そんな亀頭包皮炎は、大きく分けて二つに分類する事が出来ます。まずは雑菌が原因によるものであり、赤く腫れてしまったり、痒みや痛みといった症状が起きてしまいます。しかも腫れが酷い場合は、水ぶくれの様に大きく腫れてしまう事もあるので、注意が必要です。もう一方、性行為によりカンジダ菌に感染してしまうケースであり、こちらはカビの一種であるだけに、亀頭から包皮にかけて赤くなったり、白いカスがたまったり、痒みの症状が見られたりします。
そんな亀頭包皮炎の治療法ですが、細菌性でしかも皮膚の腫れや痛みが酷い場合は、抗生物質の飲み薬か塗り薬を使用して行う事になります。同時に痒みの症状がある場合は更に、ステロイドを含んだ塗り薬を使用する事が多いです。一方、カンジダ菌の感染による亀頭包皮炎の場合は、普通の抗生物質では治療効果がなかったりします。なので抗真菌薬の軟膏を使用するのが基本であり、更に痒みの症状がある場合は、ステロイドを含んだ塗り薬を使用する事になるのです。

 

 

亀頭包皮炎で熱が出た時の対処法

 

亀頭包皮炎で熱が出ることもあります。またリンパ腺は腫れることもありますので、甘く見ることができない炎症です。熱が出てしまった場合、重症化の危険性がありますので、早急に医師の診察を受けるようにしてください。亀頭包皮炎は2種類ありますので、どちらかを特定して治療を行う必要があります。よって熱が出た場合、その原因を取り除くことが重要です。

 

種類としては細菌性のもの、カビの一種であるカンジダ性のものがあります。特に細菌性のものは、抗生物質を飲むことで収まります。しかし亀頭包皮炎の原因である細菌とカビは、人間の体と密接な関係がありますので、使いすぎることで症状が悪化する可能性もあります。抗生物質を使うことで細菌が減ってしまい、カビの活動が活発化することで逆にカンジダ性の亀頭包皮炎を併発することがありますので、注意が必要です。

 

治療薬の調整もこの炎症には必要になりますので、詳しい泌尿器科の診察を受けて、医師の指示のもと治療を続けるようにしてください。再発したり、治りにくい炎症になることもありますので根気よく治療を続けることが重要です。自分の判断だけで治療を止めないようにしましょう。特に大人が掛かりやすいカンジダ性は注意が必要です。